《第二章》普通の心境の霊 / 天国と地獄《Ⅰ》

Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! } / ➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤



(1)ジョゼフ・ブレ――孫娘に招霊された男性

 一八四〇年に死亡。一八六二年、孫娘によって、ボルドーにおいて招霊される。「人間から見て正しい人間とは?」「神から見て正しい人間とは?」というテーマで話してくれた。

――おじいちゃん、こんにちは。霊界で、どんな生活をしていますか? あと、私たちが向上するために、どうすればよいのか、少し詳しく教えてください。

 「知りたいことは何でも教えてあげよう、いとしい孫よ。いま、私は、地上時代の信仰の不足をこちらで償っているのだが、神様は本当によいお方だ。わしが置かれていた境遇を充分に考慮してくださる。
 わしは、いま苦しんでおる。とはいっても、おまえたちの苦しみとは異なるがな。わしは『地上にいたときに時間を有効に使わなかった』ということを悔やんでおるのじゃ」

 ――「時間を有効に使わなかった」ってどういうことですか? おじいちゃんは、ずっと正しく生きていたではありませんか。」

 「そう、人間の目から見て『正しい』と思われる生き方はした。じゃがな、人間の目から見て正当なのと、神様から見て正当なのとでは雲泥(うんでい)の差があるのじゃ。よいかな、しっかりと聞くのだよ。これから、その違いを説明してみよう。
 地上界では、法律をしっかりと守れば正当な生き方だとされる。『人の財産を奪う』というような悪を働かなければ、いちおうは、正しい人間とされるのだ。ところが、人間と言うものは、人の名誉や幸福を奪っておきながら、それを自覚せずに平然としていることが、しばしばあるものじゃ。しかも、そうしたことは、法律でも世論でも罰せられない。
 死んだときに、墓石に長々と生前の徳行を書き連ねることができれば『地上生活での〝借金〟は全部返せた』と思うのが普通じゃな。
 ところが! これが違うのだ。神の前で正しくあるためには『人間の法律を破らなかった』というだけでは充分ではないのじゃ。何よりもまず、神の法にそむかぬようにせねばならぬ。
 神の前で正当とされる人間とは、どんな人間であるか。それは、愛を込めて人々にひたすら尽くし、善のために全生涯を使い、同胞(どうほう)の進歩のためにすべてを捧げた人間のことじゃ。正しい目的を追求せんとする情熱に満たされ、生き生きと人生を送る者のことじゃ。みずからに課せられた物質世界での仕事をしっかりと果たす者のことでもる。というのも、同胞たちに仕事への愛を教える必要があるからなのだ。
 しかも、よき仕事を一生懸命にやる必要がある。というのも、やがては、神様から『自分の時間をどう使ったか報告せよ』と言われるからなのだ。
 正しい目的をしっかり追求せねばならぬ。というのも、神への愛と、隣人への愛を、身をもって示さねばならないからである。
 神から見て『正しい』とされる人間になるためには、辛辣(しんらつ)な言葉を避けなければならない。辛辣な言葉には毒が含まれているために、相手を傷つけるし、また、しばしば、正しい人間を物笑いの種にしてしまうことがあるからだ。神から見て正しい人間とは、心の中に、傲慢(ごうまん)、嫉妬(しっと)、野心の、どんなに小さな種も持っていない人間のことなのだ。
 自分を攻撃してくる人間に対して、忍耐強く、優しくあらねばならない。自分を侮辱した者を、努力することなしに、心の底から許さねばならない。しかも、それを決して見せびらかしてはならない。さらに、あらゆる人間を愛し、そのことを通じて神を愛さなければならない。
 つまり、人間の義務に関する、次の極めて簡潔で、極めて偉大な決まりを守るということなのじゃ。
 『すべてにまして神を愛し、また、隣人をみずからのごとくに愛すること』
 わがいとしい孫娘よ、以上が、神の前で『正しい』とされる人間なのだよ。
 それでは、私は、それらをすべて行っただろうか? とんでもない! わしは右の条件の多くを果たさなかった。
 ここで正直に告白しておこう。わしは、人間として当然果たさねばならぬことを果たさなかった。神を忘れることで、神の法も忘れたのだ。人間の法律を犯すことはなかったが、だからといって、神の法を遵守(じゅんしゅ)しなかった罪を免れることができるわけではない。
 そのことを知ったとき、わしは、すいぶん苦しんだが、現在は希望を持って生きている。わしの悔い改めをご覧になった神様のご慈悲(じひ)におすがりしてるわけじゃ。
 よいか、孫娘よ、わしが今日話したことを、良心が麻痺している人々に、繰り返し教えてやるのだ。彼らが、みずからの過ちを善行によって覆(おお)い尽くせるように、助けてやっておくれ。そうすれば、神様は、優しいまなざしで、表面を覆う彼らの償いの数を数えて評価し、その奥に隠されている過ちは見ない振りをして、それらを、慈悲あふれた御手(みて)で、そっと消し去ってくださるのだよ」

(2)エレーヌ・ミシェル嬢――突然に死亡した女性



(3)アンナ・ベルヴィル――長く病気に苦しんだ若い母親



三章へ

目次へ

トップ
















《第二章》普通の心境の霊 / 天国と地獄《Ⅰ》

➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤ / Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! }