《第二章》天国と地獄のあいだにいる霊 / 天国と地獄《Ⅱ》

Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! } / ➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤



(1)死の直前に起きた驚くべき現象――サン・ポール侯爵

 一八六〇年に死亡。
 パリ霊実在主義協会のメンバーである妹の要請によって、一八六一年五月十六日に招霊(しょうれい)した。

――招霊します……。

 「はい、私です」

――あなたの妹さんの要請によって招霊させていただきました。妹さんご自身も霊媒(れいばい)ですが、まだ訓練が足りないために自信がないようなのです。

 「最善を尽くしてお答えいたしましょう」

――妹さんは、まず、あなたが幸福であるかどうかを知りたがっています。

 「現在、私は遍歴中です。そして、この中間的な移行期にあって、完全な幸福を得ているわけでもないし、また、罰を受けているわけでもないのです」

――自分を取り戻すまでに時間は長くかかりましたか?

 「長いあいだ混乱しておりました。ただ、私を忘れずにいて祈ってくださった方々がいたので、混乱状態から抜け出ることができました。この方々には本当に感謝しております」

――その混乱がどれくらい続いたか覚えていますか?

 「いいえ、覚えておりません」

――すでに亡くなっているご家族のうちで、まずどなたにお会いになりましたか?

 「父と母です。私が目覚めたときにそばにいてくれました。新しい生活に慣れるように案内してくれたのです」

――病気によって死期が近づいたとき、あなたはすでに、地上にいない人々とお話されていたようですが、どうしてそのようなことが起こったのですか?

 「死ぬ前に、自分がこれから行くことになっているあの世についての啓示を得たのです。死ぬ直前には、霊が見えるようになっていました」

――死ぬ前には、幼児期のことが特に記憶に戻ってきていたようですが、それはなぜなのですか?

 「人生の最後と初めは似ているからです」

――それはどういうことでしょうか?

 「つまり、死にゆく人々は、人生の初期の純粋な日々を思い出し、それを再び見るということです」

――最後のころ、あなたの体に関して、あなたは常に三人称を使って話しておられましたが、それはどうしてですか?

 「すでにお話ししたように、私はそのころ霊視が利くようになっていたので、肉体と霊とがはっきり区別できていたのです。もちろん肉体と霊は霊子線(れいしせん)で結ばれてはいますが、分離しているのがはっきりと分かったのです」

 この点において、この人の死は他の人々のそれと特に違っていた。
 最後のころ、この人は常に次のように言っていたのである。
 「彼は喉(のど)が渇いています。飲み物を与えてください」
 「彼は寒がっています。何か上にかけてやってください」
 「彼はどこそこが痛いようです」
 そして、まわりの人が「だって、のどが渇いているのはあなたでしょう?」と聞くと、「いいえ、彼です」と答えるのだった。
 肉体と霊が完全に分離していたことが分かる。〈私〉は霊として分離して存在しており、肉体の中にはもういない。したがって、飲み物を与えなければならないのは、肉体である〈彼〉にであって、霊である〈私〉にではない。こうした現象は、夢遊症においても観察される。

――死後に長いあいだ混乱していたということ、また、現在、遍歴中であるということから考えて、あなたはあまり幸せではないように思われますが。とはいえ、あなたの優れた資質からすれば、当然、幸福であってしかるべきであるように思われるのです。遍歴中の霊に、不幸な霊がいるように、幸福な霊もいるのではないですか?

 私は移行期にあるということなのです。こちらでは、その人の徳はその本来の価値を取り戻します。そういうことで、もちろん、私の境涯は、地上にいたときとは比較にならないほど素晴らしいものになっています。しかし、私は常に善と美に対して深い憧(あこが)れを抱きつづけてきた魂なので、神の足元に飛んでいける日が来るまでは、とても満足するわけにはいかないのです」

目次へ(天国と地獄Ⅱ)

トップ

(2)無神論の信念を打ち砕いた臨死体験――医師カルドン氏


目次へ(天国と地獄Ⅱ)

トップ

(3)苦しみの世界から解き放たれたときの幸福感――エリック・スタニスラス



三章へ

目次へ(天国と地獄Ⅱ)

トップ


















《第章》天国と地獄のあいだにいる霊 / 天国と地獄《Ⅱ》

➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤ / Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! }