《第五章》悔い改める犯罪者の霊 / 天国と地獄《Ⅱ》

Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! } / ➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤



(1)斬首刑の直後に見えたもの――ルメール

 ルメールは、エーヌ県の重罪院で死刑の判決を受け、一八五七年十二月三十一日に死刑が執行された。
 一八五八年一月二十九日に招霊

――招霊します……。

 「はい、ここにいます」

――私たちを見て、どんな気持ちがしますか?

 「恥を感じます」

――最後の瞬間まで意識はあったのですか?

 「ありました」

――死刑が執行された直後、自分が新たな状況にいるということは分かりましたか?

 「とんでもない混乱に巻き込まれ、いまだにそこから出ていません。ものすごい苦しみを感じます。私の心が苦しんでいるのです。
 何かが死刑台の足元に転がるのが見えました。続いて血が噴(ふ)き出すのが見えました。そして、さらに苦しみが増したのです」

――それは純粋に肉体的な苦しみですか? たとえば大怪我(おおけが)をしたときのような?

 「いえ、違います。後悔ゆえの苦しみです。ものすごい、精神的な苦しみなのです」

――いつ、その苦しみを感じはじめたのですか?

 「肉体から離れた直後です」

――死刑によって引き起こされた肉体的な苦痛を感じたのは、体なのですか、それとも霊なのですか?

 「精神的な苦しみは霊が感じ、肉体的な苦しみは体が感じました。しかし、霊が体から分離すると、いっそう苦しみを感じるのです」

――頭を切断された自分の体は見ましたか?

 「なんだか形のよく分からないものを見ましたので、まだ体から離れていないのだと思いました。でも、そのあと、完璧(かんぺき)になったように感じました。自分自身に戻ったような感じです」

――自分の体を見てどんな印象を持ちましたか?

 「苦しみが大きすぎて、よく分かりませんでした。苦しみのせいで、われを忘れていたのです」

――頭部が切り離されても体はまだしばらく生きているものですか? その間、何か考えることはできるのですか?

 「霊は徐々に分離していきます。物質への執着が多いほど、分離はゆっくり行われます」

――ある場合には、受刑者の表情に怒りが見られ、何か話したがっているように思われるということですが。それは単なる痙攣(けいれん)にすぎないのですか? それとも意志がかかわっているのでしょうか?

 「意志がかかわっています。というのも、そのときにはまだ、霊は完全に離脱していないからです」

――新たな世界に入ったときの最初の印象はどのようなものでしたか?

 「耐えがたい苦痛でした。理由のよく分からない後悔によって刺し貫かれるのです」

――同時に処刑された共犯者たちは、その後、一緒になるのですか?

 「なります。お互いの姿を見ることが、これまた苦痛なのです。お互いに、お互いの犯罪を責め合います」

――犠牲者たちには会うのですか?

 「合います……。

 彼らは幸せに暮らしていますが、その視線が私に付きまとうのです……。その視線が、存在の内部まで私を刺し貫くのを感じます……。逃げようと思っても逃げられません」

――彼らを見てどう感じるのですか?

 「恥と後悔を感じるばかりです。自分で彼らを天国に上げておきながら、なおかつ、いまでも彼らを憎んでいるのです」

――彼らはあなたを見てどう思っているのでしょうか?

 「哀れみを感じているようです」

――彼らは憎しみを持っているのでしょうか? 復讐したいと思っているのでしょうか?

 「いいえ、彼らは、私が償いを果たすことをひたすら願ってくれているだけです。
 ああ、恩恵を受けていながら、その人を憎まねばならないということが、どれほど苦しいか、あなたがたには想像できますか?」

――地上での生活を後悔していますか?

 「私が後悔しているのは、犯した罪だけです。同じ状況が起こったとしても、もう二度と罪を犯すつもりはありません」

――悪への傾向は、あなたに染みついていたのですか? それとも、環境が悪かったために、ああなってしまったのですか?

 「犯罪への傾向は私の中にありました。私はまだ未熟な霊だからです。一気に進化したいと思ったのです。しかし、欲張りすぎました。自分が充分強いと思っていたので、過酷すぎる試練を選んでしまったのです。その結果、悪の誘惑に身を任せてしまったわけです」

――もし、ちゃんとした教育を受けていたとしたら、悪の道に入らずに済んだと思いますか?

 「はい。でも、ああした家庭環境を選んだのは自分なのです」

――善人になることは可能だったのでしょうか?

 「私は弱い人間なので、悪を行うことはできても、善を行うことはできませんでした。悪を矯正(きょうせい)することはできたでしょうが、積極的に善を行うところまでは行けなかったと思います」

――生前、神は信じていましたか?

 「いいえ」

――しかし、「死ぬ前には悔い改めていた」と聞きました。それは本当ですか?

 「復讐の神を信じていたのです……。復讐の神が下す正義を恐れていたのです」

――現在、誠実に悔い改めを行うことはできていますか?

 「ああ、自分のしたことを見ているのですよ!」

――神については、現在、どのように考えていますか?

 「神の存在を何とか感じることはできますが、理解はできていません」

――地上で下された罰は正当だと思っていますか?

 「はい」

――ご自分の犯罪が許されることはあると思いますか?

 「分かりません」

――どのようにすれば罪を贖(あがな)うことができると思いますか?

 「新たな試練を乗り越えることによってでしょう。しかし、そこにたどり着くまでに、無限の時間がかかるような気がしています」

――いま、どこにいますか?

 「苦しみの中にいます」

――“この部屋のどこにいるのか”ということをお聞きしたのですが。

 「それなら、霊媒の近くです」

――もし、われわれがあなたの姿を見られるとしたら、どのような姿を見ることになるのでしょうか?

 「地上での姿です。つまり、頭と胴体が切り離された状態で見ることになるでしょう」

――姿を見せていただけますか?

 「とんでもない。冗談はやめてください」

――モンディディエ監獄からどのようにして出てきたのですか?

 「もう覚えていません……。あまりに苦しみがひどくて、犯罪を犯したということくらいしか覚えていないのです。もう、そっとしておいてください」

――何かお手伝いできることはありませんか?

 「償いを開始できるように祈ってください」

目次へ(天国と地獄Ⅱ)

トップ

(2)ある屋敷に二百年居座る地縛霊の正体 ――カステルノダリーの怪物



六章へ

目次へ(天国と地獄Ⅱ)

トップ


















《第五章》悔い改める犯罪者の霊 / 天国と地獄《Ⅱ》

➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤ / Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! }