《第六章》みずからの怠慢と強情に苦しむ霊 / 天国と地獄《Ⅱ》

Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! } / ➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤



(1)怠惰な人生に対する「退屈」という罰――無為に生きた霊

 一八六二年、ボルドーにて。
 この霊は、自発的にコンタクトをとってきて、「お祈りをしてほしい」と言ってきた。

――どうしてお祈りが必要なのですか?

 「迷っていて、どうしたらいいか分からないんです」

――もうずいぶん長いあいだ迷っているのですか?

 「百八十年くらいになると思います」

――地上にいたときは何をしていたのですか?

 「よいことは何もしませんでした」

――霊界ではどんな境涯にいるのですか?

 「退屈している霊たちと一緒にいます」

――それは境涯とは言えないように思われますが。

 「そんなことはありません。どんな心境の霊も、似た者、共感する者を見つけることができ、そうして彼らと一緒に暮らすのです」

――もし、苦しみという罰を受けていないなら、どうして、長いあいだ、向上もせずに迷っているのですか?

 「私は、いわば、退屈という罰を受けているのです。これも立派な苦しみなのです。喜びでないものは、すべて苦しみではないですか?」

――ということは、自分の意志に反して、迷いの世界に置かれているのですか?

 「こうしたことは非常に微妙なので、あなたがたの物質界における粗雑な知性では、とうてい理解できないでしょう」

――私に分かるように説明してくださいませんか? そうすることで、何かの役に立つことになるかもしれませんよ。

 「できません。どのように言ったらいいのか………。ふさわしい言葉が見つからないのです。
 地上で、生命の火を心ゆくまでしっかり燃やさなかったために、何か不全感のようなものが残っているのです。紙がちゃんと燃えないと、しっかり灰にならずに、何か滓(かす)のようなものが残るでしょう? あんな感じです。霊に、肉体の滓のようなものが付着しており、完全なエーテル体に戻れないわけです。純粋なエーテル体に戻ってこそ、初めて向上を願うことができるというのに」

――何が原因で、退屈が生じているのですか?

 「地上での生き方の影響がまだ消えていないのです。退屈とは、無為が生み出すものです。私は、地上で過ごした長い年月を、有効に使いませんでした。その帰結(きけつ)をいま霊界で引き受けている、ということなのです」

――あなたのように、退屈にとらわれている霊たちは、やめようと思えば、その状態から抜け出られるのではないですか?

 「いつもそうできるとは限りません。というのも、退屈が、われわれの意志を麻痺(まひ)させているからです。
 われわれは地上での生き方の結果を引き受けているのです。われわれは、無用な存在として人生を過ごし、『主体的に何かに取り込む』ということをしませんでした。だから、いま霊界で、退屈しながら、みんなばらばらに生きているのです。退屈に飽き飽きして、自分で『本当に何とかしなくては』と思いはじめるまで、この状態で放っておかれるのです。われわれの中に、ほんの少しでも意志が芽生えれば、助けがやってきて、よき忠告をしてくれ、努力を支援してくれるのです。そうすれば、われわれも何とかやりつづけられるのですが」

――地上でどんなことをしたのか、ほんの少しでもいいですから、教えていただけませんか?

 「ああ、それは勘弁してください。本当に大したことはしていないんです。退屈、無用、無為はぜんぶ怠惰(たいだ)から生じるのです。怠惰はまた無知も生み出します」

――過去世での修行で向上しなかったのですか?

 「しましたよ。でも、大した向上はしていません。転生(てんしょう)は、だいたい、どれも似たようなものになるからです。それぞれの転生で向上します。しかし、それは実にわずかなものです。でも、われわれにとってはそれで充分なのです」

――次に転生するまで、ここに頻繁(ひんぱん)に来ていただくことはできますか?

 「呼ばれたら、来ざるを得ないでしょう。でも、私にはありがたいことです」

――あなたの書体はしょっちゅう変わりますが、それはどうしてですか?

 「それは、あなたが質問しすぎるからですよ。疲れるので、他の霊に助けてもらっているのです」

 霊媒の指導霊からのメッセージ:「『考える』という作業が、この霊を疲れさせるのです。そこで、彼が答えられるように、われわれが協力せざるを得ないのです。この霊は、地上でもそうだったように、霊界でも無為に過ごしています。われわれは、この霊をあなたのところに連れてくることで、何とか無気力状態から救い出そうと考えたわけです。
 退屈に由来する、この無気力状態は、ある意味では、激しい苦しみよりももっとつらい、真の意味での苦しみだと言えるかもしれません。というのも、いつまでも、無限に続く可能性があるからです。決して終わることのない退屈がいかに恐ろしいものであるか、あなたがたには想像できますか?
 この類(たぐい)の霊にとっては、地上への転生は単なる気晴らしでしかないのです。彼らにとっては、霊界での耐えがたい単調さを破る唯一の機会が、地上に生まれ変わることなのです。したがって、善をなそうという決意もせずに、地上に生まれ変わることがあるのです。そして、また同じことを繰り返すわけです。
 『本当に向上したい』という気持ちが、いつか芽生えてくるのを待つほかないでしょう」


目次へ(天国と地獄Ⅱ)

トップ

(2)地獄の拷問で苦しんでいる男の霊――クシュメーヌ




七章へ

目次へ(天国と地獄Ⅱ)

トップ


















《第六章》みずからの怠慢と強情に苦しむ霊 / 天国と地獄《Ⅱ》

➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤ / Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! }