《一章》 死後にも生命と生活がある

Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! } / ➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤



 《序》 リンダフ・ハーガビー

驚くほど知的で、愛らしくて忠実で、ちょっぴりわがままで勝気で、手を焼かせることもあった“バリー”という名のセントバーナード犬が、今その巨体を横たえて、十二年の生涯を閉じようとしている。

最後の呼吸に喘(あえ)いでいるその姿は、いかにも苦しそうで、哀れだ。

いよいよ死期が近づいたと思えた時、バリーは最後の力をふりしぼって体を起こし、頭を私の顔に近づけて、情愛あふれる目で私の目を食い入るように見つめた。その目が、言葉よりも雄弁(ゆうべん)に、こう語っていた――

「ボクはこれであの世へ行くけど、向こうでまってるよ。また会おうね」と。

バリーの生涯は、私にとっては“魂”の存在を教えてくれる啓示(けいじ)の連続であり、それが人間による残忍行為によって苦しめられている動物の保護活動への大きな拍車となっていた。死ぬ間際に見せたあの目が語っていたメッセージは、私への献身の不滅性を忘れぬようにとの、必死の訴えだったと思う。

それから数年後のことである。死んだはずのバリーが、この目で見、この手で触れ、この耳で聞ける形体をそなえて、交霊会に出現したのである。が、その話はここでは述べない。このユニークな書の中でバーバネル女史が、動物の死後存続について、疑い深い人間を驚かせ宗教家を戸惑わせるような証拠を、十分に提供してくれているからである。

本書のメインテーマである動物の死後存続は、実は、ことさらに新しいテーマではない。目新しいことと言えば、それを証拠だてる膨大な量の事実が単純明快で常識的に述べられていること、つまり“死んだ”はずの動物が地上へ戻ってきて、今なお存続し続けていることを示す数多くの例証が紹介されていることで、それは“伴侶(はんりょ)”を失って悲しむ人々の慰めとなるであろう。

一九三七年に・コック氏が『動物と来世』(未翻訳)という著書を出された。英国国教会の牧師であり理学博士でもあったコック氏は、もしも人間に来世があるのなら、進化論を信じる者は、動物界のあらゆる種属にも――いかに進化の程度が低くても――それぞれの来世があるはずであることを主張した。氏は言う――

「創造主は人類だけを進化させたのではない。人類と同じく霊的創造物であり、究極的には必ずしも人類に劣らず、かつ又、その個性と特質をさらに発達させるための来世をも有する、他の所属をも地上で進化させてきて、今なお進化させつつあるのである」

コック氏は生物界は全体として一つであり、何一つとして完全に隔離されているものはないという事実を強調する。こうした重大な真理を斬新(ざんしん)な目で認めている点を、動物をあたかも、ただの(魂のない)生き物、または創造主の“うっかりミス”の産物、ないしはビーフやベーコンの原料としか考えない宗教家は、真剣な反省の材料とすべきであろう。

われわれ人間は、生物進化の法則によって、動物と密接な関係にあるという事実から、もはや逃れられなくなっている。バーバネル女史はその発生当初からのつながりに着目している。人間と動物の間には完全な仕切り、絶対的な境界線というものは、事実上、存在しないのである。

比較宗教学者は世界の宗教の中にあって動物が果たしている大きな役割に十分な関心を向けていない。その内側に秘められた人間味に満ちた意義を取り損ねている。

たとえば未開人の間に見られる自然物崇拝、人間が動物に生まれ変わるという信仰、動物の崇拝、ある種の動物を神聖視し、かつ人間を守ってくれるものとして特別扱いにする風習などには、単なる好奇心を超えた深い意味があるのである。

古代エジプトにおいては、多くの種類の動物が聖なるものと見なされ、神性が宿ると信じられ、神々の化身とされた。中でも犬は大切な化身であり、猫も内省の儀式における具象物とされた。著名な考古学者、ジョージ・ライスナー博士によると、エジプトにおいて犬が大へんな丁重さと儀礼をもって葬られたことを物語るものが発掘されているという。時の王様の命令によって墓までこしらえてもらったその犬の石碑(せきひ)には次のような文が刻まれている。

『この犬は“国王陛下のボディガード”と呼ばれ、その高貴さゆえに、死後、誉れ高き霊として、大神のものとに召されることであろう』

この碑文には、その犬の霊が死後もその王様の霊に仕えるようにという祈りが込められているのである。

動物の霊魂、転生における人間と動物との内的関係、慈悲と情愛による両者の絆、親近関係における人間の義務等々は、ヒンズー教や仏教の経典、古代ペルシャや中国の宗教説話、ギリシャやスカンジナビアの神話、インドのアショカ王の活動の中で説かれている。

また忘れてならないものに、キリスト教聖者の物語がある。アッシジの聖フランチェスコが小鳥と話を交わし、オオカミに悪いことをしないように強く諫(いさ)めた話(魂がなくては善悪の分別はつかないはずだ)、聖ロシェが犬のおかげで疫病(えきびょう)による死を免れた話など、いくつもある。

キリスト教聖者に見られる大きな特徴は、動物を人間の伴侶および援助者と見なしていることである。同じ神の創造物として、進化こそ遅れているが、人間と一体関係にあるものと見ているということである。にもかかわらず、私が不審でならないのは、そうした聖者を崇敬の対象としている人たちが、動物を魂のない下等な存在として軽視し、もてあそんでいることである。

いずこの国でも、国威の象徴や紋章をライオンとかワシ、クマ、オンドリなどに求めている事実を考えても、動物を軽視する考えは断じて間違いであり、あの間違った考えが残虐行為の源泉となっていると思われるのである。

私は、著書を二つのカテゴリーに分類することにしている。“生命力あふれるもの”と“継ぎはぎだらけのもの”である。生命力あふれる書物は、真剣な生活、真実の観察と追及、全身全霊を打ち込む態度と寛容精神の産物である。

これとは対照的に、ただの言葉の羅列(られつ)、他人の説の借用、それに、時には愚にもつかぬ当世風の安っぽい言い回しをしてみたり、恰好をつけて精神分析学的なややこしい説を立てたりする。その違いは、太陽の輝きと月の光りの違いにたとえることもできよう。

バーバネル女史によるこの著書は、まさしく“生命力あふれるもの”の中に入る。生き生きとして人を楽しませるものがあり、示唆(しさ)に富み、刺激的である。何も知らずにいる人には“有るはずがないもの”を扱っている(いつの時代にも大発見や大発明といわれるものは一般の人にとっては“有るわけがない”と思われるものばかりだった)。心霊実験会における信じられないような現象――人間も動物も物的身体が滅びたあとにも生き続けることを証明する現象――を、女史自身が直接(じか)に観察し、記録し、蒐集(しゅうしゅう)し、そしてまとめたものである。

が、女史はそうした証拠を紹介することによって、死後も生き続けることは人間だけではなく動物についても間違いなく断言できることを読者に得心させようとしている。つまりは、可愛がっていた動物に先立たれて我が子を失ったような悲しみを味わっている人のために書かれたものと言ってよいであろう。

が、それが意味するところのものが及ぼす影響は絶大である。動物の肉や皮で商売をしている人にとっては、困ったことになるであろう。動物は人間の都合のよい便益のために存在すると勝手に考えている人々は、気まずい思いをさせられることと思う。なぜなら、食肉のために残酷な手段で殺したり、医学の進歩という美名のもとに惨(むご)い実験のための材料として使った動物が、実は肉体を失ったあとも、同じ姿の霊的身体を具(そな)えて霊界で生き続けているのである。

そういう動物たちと霊界で再び会うことも有り得ることになる。万物の霊長たる人間の尊厳と優越性が危なくなりはしないだろうか。

動物保護協会初代会長リンダフ・ハーガビー




《シルビア・バーバネル》



 《一章》死後にも生命と生活がある

私たち人間は死後も生き続ける――肉体が無くなっても、個体性と自我意識と性格と記憶とを携(たずさ)えて、次の世界でも生活を続けるというのです。

そのことは、もはや一点の疑問の余地もないところまで立証されております。オリバー・ロッジ、ウィリアム・クルックス、アルフレッド・ウォーレスといった世界の科学界を代表するといっても過言ではない大先輩によって、繰り返し確認されているのです。

本書はその証拠を改めて披露することが目的ではなく、その事実のもつ意味を動物との関わりにおいて論じることなので、ここでは詳しくは述べませんが、概略だけでも知っておいていただくために簡略に述べておきたいと思います。

クルックス博士は化学と物理学における数々の貢献(こうけん)によって、“サー”の称号(しょうごう)を受けた世界的な科学者ですが、当時(一九世紀後半)の心霊現象騒ぎを耳にして、それが社会問題にまで発展して無視できなくなったので、当時の人気霊媒、すなわち・ホーム、ケート・フォックス、フローレンス・クックの三人を四年間にわたって、化学や物理学と同じ科学的手段を駆使して実験し、その結果を季刊の学界誌に連載しました。


《ウィリアム・クルックス》


その内容は心霊現象は間違いなく実在することを認めたもので、とくにクック嬢による実験会にはケーティ・キングと名のる女性の霊が物質化して出現し、その姿が四十四枚もの写真に収められています。

それは当然のことながら学界に大反響を巻き起こし、賛否両論が渦巻きましたが、博士自身は、

「十分な科学的手段と、十分すぎるほどの用心をした上で確かめたもので、誰が何と言おうと、私の信念に変わりはありません。人間が死後も生き続けることは、もはや“信仰”ではなく“事実”です。それは十分に証明されました」

と述べて、感情的な反論にはいっさい取り合いませんでした。その研究成果は『スピリチュアリズムの現象の研究』(*)と題されて単行本となっています。

《(*)――現在では絶版であるが、心霊現象の科学的研究の原点として、その価値は今も衰えていない。ケーティ・キング霊の物質化の写真は本書八一ページの他に『人生は霊的巡礼の旅』(ハート出版)に一枚、『コナン・ドイルの心霊学』(潮文社)に二枚掲載されている。なお物質化現象については第七章を参照――訳者》

オリバー・ロッジも“サー”の称号をもつ世界的物理学者で、バーミンガム大学の総長も歴任した人ですが、友人の誘いで出席した交霊会(六六ページ参照)に、第一次大戦で戦死した長男レーモンドが“声”で出現し、まぎれもない証拠をいくつも提供したことで死後の個性の存続を確信し、『レーモンド』(*)という大部の著書を出版しています。その後も数多くの著書を書いていますが、その基本にあるのは「人間はもともとが霊的存在であり、それが今この地上で物的身体をまとって生活しているのであって、その身体が滅んだあとも個性が存続するのは当たり前である」というものです。

《(*)――野尻抱影による部分訳(1/3程度)が『レイモンド』のタイトルで復刻されて人間と歴史社から出ている――訳者》

次にアルフレッド・ウォーレスは、ダーウィンと並んで一九世紀を代表する博物学者ですが、ちょっとした霊的体験がきっかけとなって心理現象(*←本そのまま)に関心をもつようになり、博物学と並行して本格的に研究し、その真実性を確信しました。が、気の毒だったのは、博物学の世界ではダーウィンも脅威を覚えるほどの業績を公表しはじめていましたが、まだ十分な“権威”を持つに至っていなかったからでしょうか、若すぎたからでしょうか、それとも階級制度が支配していた英国だったからでしょうか、その研究成果を学術誌に積極的に公表していったことが学者としての威信を失墜させる結果となってしまいました。

が、生来の無欲恬淡(てんたん)の性格はそうした逆境を不幸として受け取らす、ウォーレスはその後も地道な研究を続けて、その成果を『奇跡と近代スピリチュアリズム』(*)と題して出版しています。前記の二人の学者が自分の研究成果のみであるのに対し、この著書は右の二人の学者を含む多くの研究家やその反対論者の意見も紹介し、その矛盾や欠陥を指摘している点で、学術的な心霊書の白眉といえるでしょう。

《(*)――拙訳が『心霊と進化と』のタイトルで潮文社から出ている――訳者》

実は私にも第一次大戦で戦死した弟がいて、物理霊媒として有名なヘレン・ダンカン女史の交霊会に全身を物質化させて出現して私と会話を交わしています。

物質化するというのは、霊がその身体(死後にも肉体とは別の身体がある)に合わせてエクトプラズムという白い水蒸気のような物質をまとって出てくる現象をいいます。エクトプラズムは主として霊媒から柚出されるもので、霊媒だけでは十分でない時は出席者からも少量ずつ柚出されます(くわしくは七章で)。

身体を見せるといっても、頭のてっぺんから足の先まで、生前そっくりの姿を見せる場合と、顔だけを見せたり、指先だけを物質化させて指紋を取らせたりしたこともあります。

弟は全身を物質化させて出現し、「シルビア!」と叫んで私に近づき、手を取り合いました。決して冷やかな感触ではなく、温かく生身の手と変わりませんでした。

しかし、もしもそのことだけで終わっていたら、よく似た人間を雇って演出したのではないのかとか、目の錯覚だったのではないかといった疑念も生まれかねませんが、そうではないことを立証する事実も明らかとなっているのです。

それは、弟の“戦死”にまつわる謎が十五年の歳月の後に、その日の本人の証言で見事に解決したことです。(第一次大戦は一九一四年に始まって一九一八年に終結)

私の両親は軍当局から「行方不明。たぶん戦死したものと推察される」との公報を受けていました。そして、推定の死亡日まで書き添えてあったのです。

ところが、その推定死亡日から三、四日後の日付で、友人の一人が弟から一通の手紙を受け取っていることが判明したのです。ただし、その手紙には住所が記してなく、フランスの戦闘地域の小さな町から投函(とうかん)されているとのことでした。内容は、負傷して入院しているが両親には知られたくない、との主旨のことが述べられていました。

ともかくも生きていることが分かって新たな喜びを噛みしめたものの、その後ぱったりと音信が途絶えたことで、またもや不安が募ってきました。両親はたまらず軍当局に手紙でその後の消息をたずねました。

が、そのことがかえって事態を混乱させる結果となりました。友人に宛てた病院からの手紙を調べた将校から、そういう町にそういう病因は存在しないということ、そして、その町へは軍を派遣したことはない、という返事が返ってきたからです。

かくしてミステリーが出来あがりました。詰まるところ、もう死亡したという結論を下さざるを得ませんでした。が、どういう状況の中で死亡したのか、皆目見当がつきません。

しかし、そのミステリーは交霊会であっさりと解けました。本人が出現して事の次第の真相を語ってくれたのです。そのいきさつはこうでした。

「行方不明。たぶん戦死したものと推察される」との公報が出されたその日、弟は重傷を負って、そのままドイツ兵の捕虜となったというのです。そのことで両親を動転させてはいけないと思った弟は、親友へ宛てた手紙を認(したた)めて、それを、脱走を計画している同僚に託しました。

その同僚は脱走に成功して、フランスのある町にたどり着き、そこでその手紙を投函したのでした。“そういう町にそういう病院は存在しない”こと、“その町へは軍を派遣したことはない”という軍当局の言い分は、その通りだったのです。が、脱走兵に手紙を託すなどということは想像を超えたことだったので、ミステリーが生じたわけです。

弟はさらに、同僚が脱走に成功したあと間もなく、戦傷がもとで他界したと述べました。右の経過の説明が明快で筋が通っているのみならず、自分の死亡に関して関係者が理解に苦しんでいることも知っていたことがこれで分かります。

念のために弟は、自分の身元の証拠として、紙とエンピツを要求してそれに短い文章を書いてみせました。それを、前線から母親宛てに届いていた手紙を照合してみたところ、締めくくりの言葉や署名なども含めて、すべてが同一人によるものであることは間違いありませんでした。

霊媒のヘレン・ダンカン女史は弟の生前の筆跡を見たこともないし、交霊会の出席に際して私は、弟からの手紙は一通も携えていませんでした。

「ばかばかしい! そんな話があってたまるか! 私は信じない」

そうおっしゃる方がいるでしょう。それはその人のご自由です。が、事実、そういうことがあったのです。

実は“死”は肉体から生命が脱け出て別の次元の世界へ移行する現象にすぎません。その事実は、死んだはずの人間が生前と同じ個性を携えて交霊会に出現してくれることによって、繰り返し証明されております。その数は、数え切れないほどです。

世界的な物理学者で哲学者でもあったオリバー・ロッジ卿はこんな仮説を述べております。

『死者は、今この時点でわれわれと同じ場所、われわれの身のまわりに存在しているというのが私の説である。生命は実は物質の中に存在しているのではなくて、宇宙に瀰漫(びまん)するエーテルの中に存在している。だからこそ、あの世とこの世との肉的交信が可能なのである。

われわれ人間というのも本来は霊的存在で、今ほんの一時期を物質をまとって生活していることを忘れてはならない。各自が個別性をもち、永遠の個性を獲得するのは、多分、この物的身体による制約と隔離性によるのではなかろうか』

その人間も、身体的に見るかぎりは“動物”なのです。先祖をたどると、同じなのです。たどった進化の道は異なっても、同じ“進化の木”に属しているのです。その同じ木の一本の枝である人間が死後も存続するのに、もう一本の枝である動物が存続しないということが有り得るでしょうか。

が、人類には、成長の過程で個的意識というものが芽生える時期が来ます。その時から“自我”というものを自覚するようになり、その個的意識の芽生えとともに、善悪の観念と、喜怒哀楽(きどあいらく)といった、もろもろの精神的属性が発達してきます。人間が動物界において最高位を占めているといわれるのは、その点においてです。

が、動物はそうしたものとまったく無縁かというと、決してそうではありません。人間との親密な接触によって、人間的性質、意識、個性などを、ある程度まで発揮する動物がいます。人間から“移入”されたといった方がいいかも知れません。人間と変わらない愛、同情心、信頼感、忠誠心などをもったペットをご存知と思います。

かなりの知力を発揮する犬がいます。理知的な判断を下すものもいます。不快感や不信感だけでなく、うれしさやよろこびを表現する動物もいます。

本書は、そうした動物の存在が示唆するものをテーマとして、人間と動物との霊的なつながり、動物の死後存続、死後における人間界との関係等について、高級霊界通信もまじえて、これまでに知られていることを紹介しようと思っております。

2章へ

目次へ

トップ



あなたが愛したペットたちは、素晴らしい死後の世界であなたとの再会を待っている

➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤ / Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! }