《10章》心霊写真による証明

Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! } / ➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤



イングランド北西部のクルーに住むウィリアム・ホープ氏(一八六三~一九三三)は心霊写真を専門とする霊媒で、〝クルーサークル〟という施設を主宰していました。この人に撮影してもたった写真には必ずといってよいほど他界した身内や友人・知人などが写っていて、それだけで死後の実在を信じるようになった人が少なくありませんでした。

ホープ氏はもともとは職工で、ある日の昼の休憩時間に仲間の一人を、レンガ塀を背にして写真を撮ってやったところ、そこにいなかったはずの別の人物が写っていて、しかもその姿を通して背後のレンガ塀が見えるのです。本人に見せると、それは他界している姉だが、どうやってこんな写真を〝こしらえたのか〟と問われて、ホープ氏自身も困ったということです。

それを第一号として、その後も次々と不思議な写真――死んでいるはずの人物が写っている写真が撮れるようになり、しかもそんな写真はその家の者も覚えがないことから、死後の存続を示す証拠として話題を呼ぶようになりました。

そのうち英国国教会の大執事(副主教)でスピリチュアリズムにも理解のあったトーマス・コリー氏のすすめで心霊写真を本格的に研究するようになり、さらに同市に住む霊能者のバックストン女史と組んで〝クールサークル〟という心霊写真専門の機関を設立しました。

さて、そのバックストン女史の家族が、ある日、ホープ氏に心霊写真を依頼しました。その頃は、父親が他界して間もない頃だったので、家族全員で撮ればきっと父親が姿を見せてくれるだろうと期待していたそうです。ところが、実際に写っているのは父親ではなくて、かつてバックストン家で飼っていたフロスという名の愛犬でした(一〇二ページ写真参照)。


《バックストン家の家族と愛犬フロス》


しかも、この写真で不思議でならないのは、フロスをいちばん嫌っていたエイミーのひざの上に乗っかるようにして写っていることです。実はエイミーのフロス嫌いは大変なもので、同じ部屋にフロスがいるのが我慢できず、エイミーがバックストン女史の家に遊びに来る時は、必ずフロスをエイミーに見えない場所へ連れて行かねばならないほどでした。それが、なぜまた、よりによってエイミーのひざの上に乗っかっているのか――私には確かなことは分かりませんが、たぶん、あんなに嫌われても別に悪意は抱いてはおりませんよ、と訴えているのでしょう。

もう一枚の写真は、ある婦人が他界した親戚の人の心霊写真が欲しくて、〝クルーサークル〟を訪れてホープ氏に撮ってもらったところ、一週間前に死んだ猫が写っていたというもので、しかも幼児の時に他界した子供から「お母さんへ」の書き出しで始まる文章も写っていました(一〇三ページ)。“猫はボクが面倒をみてるから心配しなくてもいいよ”という内容で、この種の心霊写真はきわめてユニークです。


《「お母さんへ」で始まる手紙文といっしょに写った、一週間前に死んだ猫》


前にも紹介したディーン夫人は、〝ジュリア局〟と呼ばれる心霊施設を利用して、よく心霊写真を撮ってあげていました。ある時、二人の婦人が訪れて心霊写真を要請しました。ディーン夫人が撮ってあげたところ、そのうちの一人が飼っていた犬が写っていました。少し鮮明度が欠ける憾(うら)みがあるのでここで複写して紹介はしませんが、私はその犬の生前の写真と合わせて見せていただいて、そこに写っているのが紛れもなく同じ犬であることを確認しております。もう一人の婦人も、母親の像が写っていて、とても喜んでおられました。

そうしたプロの写真霊媒でなくても、ごく普通の人が心霊写真を撮ったという話はよく聞きます。自分にそうした霊的能力があることを知らなかったまでのことです。ではフィルソンという女性が真昼にごく普通に撮ったスナップ写真(一〇五ページ参照)に、ご覧のとおりのテリアの小犬が写っていた話をくわしく紹介しましょう。


T・R・モールス氏が季刊誌『サイキック・サイエンス』に掲載した記事によると、ヒーア夫人はタラという名のアイルランド産の大型猟犬と、カソールという名のテリアを飼っていましたが、カソールの方がまだ小犬のうちに死んでしまいました。ヒーア夫人の両腕に抱かれたまま息を引き取ったそうです。

二匹はとても仲良しで、いつも写真に写っているような恰好で寝そべっていたといいます。(ここではタラは立っていますが)。この写真を犬舎番人やこの二匹を知る者に見せたところ、ひと目でそれと確信していますし、ヒーア夫人はこれを拡大し、それをさらに虫めがねで点検したところ、鼻の孔や耳の毛、その他の細かい部分まで、間違いなくカソールであることを確かめています。

この心霊写真の注目すべき特徴は、猟犬のタラの背中の線が実際より真っすぐに見えることです。ヒーア夫人が『サイキック・サイエンス』の中で語っているところによれば、あの日は真新しいフィルムを装槇(そうてん)して、フィルソン夫人に四枚撮ってもらっていて、この心霊写真を除いた残り三枚では、タラの背中は自然な凹凸(おうとつ)があるということです。これは光線の屈折による錯覚や、背景の反射によるものではなく、エクトプラズムによるものです。

もう一つ面白い事実があります。この写真が撮れた場所は二匹がよくいっしょに遊んでいた〝お気に入りの場所〟で、とくに夏の夕方はここに来ることが多かったというこです。

言うまでもないことですが、この心霊写真のフィルムは写真の専門家のもとへ送られて、二重写しでないことを確認されています。それと同時に、背景に類似物は存在しないかについても現地調査が行われております。何よりも日中の強烈な太陽のもとで撮られたということが、そうした嫌疑を否定します。それは、ヒーア夫人とタラの影を見れば分かるでしょう。

実は『サイキック・サイエンス』には念のために二枚の写真が掲載されています。一枚はタラの背中の凹凸がよく出ている写真、もう一枚は生前のカソールをヒーア夫人が抱いているところの写真で、誰が見ても同じテリアであることを納得します。

ヒーア夫人は、そのカソールが今でもタラといっしょにいることを確信しているということです。というのも、タラが夫人の目に見えない何ものかに向かって、低い声でクンクン語りかけていることがよくあるのだそうです。

11章へ

目次へ

トップ



あなたが愛したペットたちは、素晴らしい死後の世界であなたとの再会を待っている

➤ Spiritualism ➤ Top ➤➤➤ / Silver Birch { May the power of the Great White Spirit bless you all! }